社長挨拶

昭和56年7月、先代夫婦の自宅の一室からの創業以来、スイッチやキーボード、コネクターなど、電子部品組み立て一筋で取り組んで参りました。
この間、電子部品の組み立て技術はもちろんのこと、品質向上、生産効率向上、コスト削減など、管理面でも様々なノウハウを蓄積してきました。
創業以来約35年間のそのノウハウをすべて集結させ、業務改善支援ソフト「ProcessViewer」の開発も行い、今ではそれを生産現場で運用し、社員の業務の可視化、生産ラインの稼働状況分析、製造原価の低減に大きく貢献しています。
また、社員一人一人が「誠意・努力・向上心」を持って支え合いながら、積み重ねてきたお客様からの信頼により、現在でもこうして倉吉市で事業を継続することができ、感謝しております。
今後も、有限会社ミノハラ製作所は、電子部品の組み立てはもちろん、鳥取県倉吉市の製造業として、様々な場面で社会に貢献できる企業になれるよう努める所存でございます。今後も格別のご支援、お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

平成29年1月
有限会社ミノハラ製作所
代表取締役 蓑原康弘

会社概要

会社名 有限会社 ミノハラ製作所
所在地 〒682-0934 鳥取県倉吉市上古川23-1
代表取締役 蓑原康弘
創業 昭和56年7月
設立 昭和63年4月
資本金 1,000万円
社員数 28名(パート含む)(2016年12月現在)
URL http://www.minohara-ss.co.jp/company/
TEL 0858-28-3099
FAX 0858-28-3781

企業沿革

昭和56年7月 蓑原治がオムロン倉吉㈱の協力工場として創業
昭和61年8月 有限会社ミノハラ製作所設立
昭和61年9月 現在地に第1工場新築移転
平成元年12月 第1工場増築
平成9年6月 鳥取オンキョー株式会社と取引開始
平成9年8月 日本圧着端子製造㈱西倉吉工場と取引開始
平成10年5月 第2工場及び倉庫新築
平成12年3月 第3工場増築
平成19年2月 第4工場増築
平成22年2月 蓑原康弘代表取締役就任

業務内容

ミノハラ製作所では、世界中で使用されるコネクターの組み立てを行っています。

お客様のご要望にお応えし、机の上に載るような小型の組立機から、全長が8メートルを超えるような大型の自動組み立て機まで、様々な専用の加工機で、産業用・自動車用・民生用・OA機器用など、他分野にわたるコネクターの組立を行っています。
多品種少量品の生産から大量量産品の生産まで、「日本で作る価値」を大切にし、徹底された品質管理・社員教育のもと生産を行っております。

  1. 製造に関する業務
    ・ コネクタ加工機のオペレーション
    ・ 製品の品質を保証するため、測定器や顕微鏡などを用いた検査
    ・ 機械の段取り替えやメンテナンスなどの設備管理の業務
  2. 生産現場の管理に関する業務
    ・ 生産計画の作成やその計画に対応する設備と社員の配置計画の作成などの生産管理業務
    ・ 計画通りに生産が進んでいるかを把握する進捗管理
    ・ 品質の安定した製品を作るための品質管理業務
    ・ 生産現場のデータ収集と分析
    ・ 生産に必要な資材、材料などの管理をする業務
  3. その他の業務として、
    ・ 経理、財務、労務、総務、システムの管理などの管理業務
  4. これらの業務を効率よく行うために、
    ・ 設備稼働率アップ、直行率アップのための工程改善活動
    ・ 会社全体の業務効率化のための業務改善活動
    ・ 社員一人一人のレベルアップのための、社内勉強会やOFF-JT
    など、社会に必要とされる工場を常に目指し、よりよい工場づくりに力を入れています。

アクセス

〒682-0934
鳥取県倉吉市上古川23-1
TEL: 0858-28-3099
FAX: 0858-28-3781
JR倉吉駅から約8㎞、車で約15分
湯原ICから車で約35分
蒜山ICから車で約25分