社長挨拶

有限会社ミノハラ製作所は、昭和56年にオムロン倉吉株式会社(現・オムロンスイッチアンドデバイス株式会社)の協力工場として、倉吉市の上小鴨地区に誕生しました。創業以来コネクターなどの電子部品の組み立てに特化。先代社長夫妻だけでスタートした会社は徐々に規模を拡大し、平成22年、父親である先代から後を継いで蓑原康弘が代表取締役に就任しました。27名の社員とともに、これまで培ってきた電子部品製造事業を軸に新たな分野にも果敢に挑戦している会社です。
2008年のリーマンショックの1年半後、2代目社長就任から10年。この間目まぐるしく変化する社会で会社を存続させるために、積極的に社内の改革に取り組んできました。工場の中では現場責任者だけが全体を把握し、従業員はその指示通りの作業を行うという属人的な性格が強い世界です。このため後継の管理職候補が育っておらず、その育成が喫緊の課題でした。同時に社長の蓑原自身異業種からの転職だったため、現場を知るためにも工場で社員と並んで手を動かし、業務のデータを収集して整理・検証し、1日24時間休みなしで働いていましたが、時間の確保が難しく、本来やるべき経営の仕事に手が回らないという大きな問題を抱えていました。そこで取り組んだのが“脳みその可視化”です。

現場の作業実績を正しく把握し、情報を社員と共有するためにはどうすればよいか。まずは現場責任者の頭の中にある情報を可視化することが問題解決の糸口になると考え、管理システムの開発に着手しました。当初から製品化を考えていたわけではありませんが、自社で運用して業務の改善データを得られたことで、「自分たちと同じようなことで困っている会社は多いのでは?」とさらにシステムを整え、平成29年に業務管理・改善支援アプリ『PROCESS VIEWER(プロセスビューワー)』をリリース。業界誌にも取り上げていただき、確かな手応えを感じています。

システムの導入を契機に働き方も大きく変化しました。能力評価制を採用し、その判断材料のひとつにPROCESS VIEWERで取得した作業実績のデータが役立っています。同時に社員自身が“考えること”を重視した意識改革や社員教育にも取り組み、弊社は今トップダウン型&ボトムアップ型の企業へと変わりつつあります。また電子部品の製造という事業の性質上、社員は外部の人との接触がなく、エンドユーザーとの距離も遠いためモチベーションを上げにくいという課題がありました。この新規事業が「自分たちが作成したシステムを他社が導入して業務改善に役立っている」と社員の自信とやる気を刺激し、心の充実につながればこれほど嬉しいことはありません。それが自然と、さらなる高品質と生産性の向上に結び付くことも確信しています。

この10年、必死に取り組んできた改革がようやく実を結びつつあります。今後も基本となる電子部品の製造でしっかりと足元を固めつつ、アプリのシリーズ化など新規事業への進出も視野に入れています。今後、AIがますます発展していくと言われていますが、創造性は人間だけのものだと確信しています。人を人たらしめるのは知恵を絞り出せることです。会社全体で一丸となって知恵を出し、“人の役に立つもの”を創り出す会社を目指してまいります。

令和2年1月
有限会社ミノハラ製作所
代表取締役 蓑原康弘

会社概要

会社名 有限会社 ミノハラ製作所
所在地 〒682-0934 鳥取県倉吉市上古川23-1
代表取締役 蓑原康弘
創業 昭和56年7月
設立 昭和63年4月
資本金 1,000万円
社員数 27名(パート含む)(2020年1月現在)
URL http://www.minohara-ss.co.jp/company/
TEL 0858-28-3099
FAX 0858-28-3781

企業沿革

昭和56年7月 蓑原治がオムロン倉吉㈱の協力工場として創業
昭和61年8月 有限会社ミノハラ製作所設立
昭和61年9月 現在地に第1工場新築移転
平成元年12月 第1工場増築
平成9年6月 鳥取オンキョー株式会社と取引開始
平成9年8月 日本圧着端子製造㈱西倉吉工場と取引開始
平成10年5月 第2工場及び倉庫新築
平成12年3月 第3工場増築
平成19年2月 第4工場増築
平成22年2月 蓑原康弘代表取締役就任
平成28年6月 業務改善支援アプリPROCESSVIEWER販売開始
東京ビックサイトに初出展
平成30年9月 ISO9001 :2015 認証取得

業務内容紹介

ミノハラ製作所では、世界中で使用される電子部品の組み立てを行っています。

お客様のご要望にお応えし、机の上に載るような小型の組立機から、全長数メートルの大型の自動組立機まで、様々な専用の加工機で、産業用・自動車用・民生用・OA機器用など、他分野にわたる電子部品の組立を行っています。
多品種少量品の生産から大量量産品の生産まで、「日本で作る価値」を大切にし、徹底された品質管理・社員教育のもと生産を行っております。

近年では特に、現場の成熟度に応じた最小限の費用で最高の成果を引き出すICT導入による、「現場のDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進」を図っており、人材不足と言われる時代においても、コミュニケーション速度と濃度を向上させ、生産性向上・働き方改革を進めることで、常に世の中に必要とされる会社であり続けることを目指しています。

製造に関する業務
・ 加工機のオペレーション
・ 製品の品質を保証するため、測定器や顕微鏡などを用いた検査
・ 機械の段取り替えやメンテナンスなどの設備管理の業務
生産現場の管理に関する業務
・ 生産計画の作成やその計画に対応する設備と社員の配置計画の作成などの生産管理業務
・ 計画通りに生産が進んでいるかを把握する進捗管理
・ 品質の安定した製品を作るための品質管理業務
・ 生産現場のデータ収集と分析
・ 生産に必要な資材、材料などの管理をする業務
その他の業務として、
・ 経理、財務、労務、総務、システムの管理などの管理業務
これらの業務を効率よく行うために、
・ 設備稼働率アップ、直行率アップのための工程改善活動
・ 会社全体の業務効率化のための業務改善活動
・ 社員一人一人のレベルアップのための、社内勉強会やOFF-JT
など、社会に必要とされる工場を常に目指し、よりよい工場づくりに力を入れています。

プライバシーポリシー

・情報収集モジュール

当社で配信するアプリでは、今後の開発の参考とするため、アプリの
利用状況データを収集するツールCrashlytics(Google Inc.)を
利用しております。
Crashlyticsがご利用者様の情報を取得する場合がございますが、
この情報から個人が特定されることはありません。

取得する情報、利用目的、第三者への提供等につきましては、
下記Googleのプライバシーポリシーのリンクよりご確認ください。

Googleプライバシーポリシー
https://policies.google.com/privacy